第19回 古代19 院政の始り


【19−1】 院政の始り『神皇正統記』 (実況一14-32 結論17)

 第七十二代、第三十九世白河院。・・・・天下ヲ治給コト十四年。・・・・世ノ政ヲハジメテ院中ニテシラセ給。後ニ出家セサセ給テモ猶ソノママニテ御一期ハスゴサセマシマシキ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
・・・・主上ヲサナクオハシマス時ハヒトヘニ執柄ノ政ナリキ。宇治ノ大臣ノ世トナリテ・・・・後三条院、坊ノ御時ヨリアシザマニオボシメスヨシキコエテ・・・・践祚ノ時即関白ヲヤメテ宇治ニコモラレヌ。弟ノ二条ノ教通ノ大臣、関白セラレシハコトノ外ニ其権モナクオハシキ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
・・・・此御時ヨリ院宣・庁御下文ヲオモクセラレシニヨリテ、在位ノ君又位ニソナハリ給ヘルバカリナリ。世ノ末ニナレルスガタナルベキニヤ。


【19−2】 白河法皇の三不如意『源平盛衰記』 (実況一14-32 結論17)

 山法師、鴨川の水、双六の賽、これぞ朕の如意ならざるもの。 


戻る次へ
Copyright 2005 Ishikawa Akiyasu . All rights reserved.